教科の特徴・教員紹介

教科の特徴features of the subject

  • 国語科

    小説と評論をバランスよく学び、感性と論理的思考を養います。そして、「温故知新」。さまざまな古典作品に触れ、日本の伝統文化に対する教養を深めていきます。古典文法に苦手意識をもつ生徒も多いので、授業では基礎固めを行い、特別講座や長期休業中の講習で、大学受験に対応できる応用力を身につけます。
    漢検対策も行い、年に2回学内で受検することができます。

  • 数学科

    数学は、科学の発展とともに進化し続けています。数学を学ぶ中で、さまざまな考え方を知り、より深く意味を考えられるようになります。よりよい考えや異なる解き方を知ることで、論理的で客観的な判断ができるようになります。

  • 理科

    理科は物理・化学・生物・地学の4分野に分かれています。「理科」というと堅苦しい、難しいと感じている人も多いのではないでしょうか。しかし、私たちの周りは「理科」であふれています。料理は「化学」、スポーツは「物理」と、高校生が興味を持つことにも理科は密接にかかわっています。私たちの身の回りに存在している、当たり前のことの仕組みを知ることで理科への興味を引き出し、科学的・論理的に物事をとらえる視点を身に着けます。

  • 英語科

    ペアワークやグループワークを多く取り入れ、自然に英語を身に着けられる授業を行っています。授業外のサポート体制も整っているので、モチベーションが維持できます。英語という教科を通して、国際社会で活躍する力を育みます。

  • 社会科 / 地理歴史科

    地理歴史科は、「日本や世界がどのような歴史的過程をたどって形成されたのか。また、生活や文化についてどのような地域的差異が見られるか、などを多面的に理解し、国際社会において主体的・民主的に生きる現代人として必要な自覚と資質を養う」ことを目標にしています。具体的には、現代に生きる私たちにとって必要な国際的な視点を養うために、高校1年次に「世界史A」と「日本史A」を学習し、人類の課題について歴史的視点から考察し、平和の意義について学びます。

  • 社会科 / 公民科 

    公民科は、「広い視野に立って、現代の社会について主体的に考察させ、理解を深めさせるとともに、人間としての在り方・生き方についての自覚を育て、平和で民主的な国家・社会の有為な形成者として必要な公民の資質を養う」ことを目標にしています。

  • 家庭科

    自分らしい生活感、価値観を創造していける女性の育成を目指して、家庭科では体験学習を重視し、実習を多く取り入れた授業を行っています。学習しながら、生活に必要な衣食住や消費生に関する知識・技術を習得し、家庭生活を総合的に捉える力をつけていきます。

  • 家庭科 / 礼法

    マナーとはみんなが快適に生活できるようにするための生活の知恵です。挨拶や立ち振る舞い、食事作法、手紙の書き方、慶事弔事など日常生活でのマナーについて学びます。マナーを学びながら、相手を思いやる気持ちを形にあらわす所作を身に着けます。

  • 保健体育科

    できなかった運動が出来た瞬間、人は自然と心が弾み、笑みがこぼれます。それこそ学びの瞬間であり、心と体が一体となって成長した証です。文華女子の体育は基礎の基礎から、運動レベルにあった内容で指導し、「運動は楽しい」「できた!」と思える授業を目指しています。

教員紹介introduction from teachers

ここでは教科担当と、授業での指導ポイントの一部を紹介します

国語科高橋あかね先生
からのコメント

「どうすれば国語力が身につきますか。」
生徒から、よくこんな質問をされます。まずは文章に親しみましょう。さまざまなジャンル、多数の作品を読みながら、読むことへの抵抗感をなくし、集中して文章を読む姿勢を身につけます。

在校生メモ:
的確な解説のなかにも、ユーモアがあって、あかね先生の授業は楽しいです。先生のボキャブラリーの多さにも驚くことが多いです。

数学科堀部克之先生
からのコメント

授業では、教科書の例示問題、教科書の練習問題、問題集の類似問題に取り組みます。
同じ型の問題を変化のある繰り返しで演習することで力を伸ばします。

在校生メモ:
堀部先生の授業はわかりやすくて無駄がありません。数学が苦手な生徒にも優しく解説してくれて、沢山褒めて伸ばしてくれます。

理科相亰里奈先生
からのコメント

生物では図や映像資料を使用して、自然現象を「眼」でとらえ、イメージできることを意識しています。さらに、医療分野や最近のニュースと関連させることで理科を身近に感じられるような授業を展開します。化学では教科書の内容に沿ったオリジナルの実験にもとりくみます。

在校生メモ:
先生自作のプリントは凄くわかりやすくて、興味深い話をたくさんしてくれるので、相亰先生の授業が好きな生徒は多いです。

英語堀尾有希先生
からのコメント

文華女子高校にはALTの教員が2人常駐していますので、英語に触れる機会が多くあります。高校生活をより充実させ、一緒に実りある時を過ごしましょう。

在校生メモ:
フレンドリーで親しみやすい先生です。授業中も生徒とコミュニケーションを取りながらすすめてくれるので、集中して受けることが出来ます。

社会科相宮真弓先生
からのコメント

「日本史A」の授業では、「社会が苦手」という生徒にも興味を持って学んでもらえるように、教科書には述べられていない人物像や背景を掘り下げて解説しています。

在校生メモ:
先生ははきはきとしていて、明るい授業が印象的です。生徒が興味を持てるような歴史の話をたくさんしてくれます。

社会科佐藤真紀先生
からのコメント

選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことを受けて、模擬投票などの体験を通じて政治や選挙のしくみについて学びます。

在校生メモ:
真紀先生は教育熱心な先生です。授業で紹介する歴史的な場所には実際に訪れて、現地で見た様子も併せて解説してくれます。

家庭科川村祥世先生
からのコメント

家庭科は週3単位あり、調理から裁縫まで色々な実習を行います、生活に即した技術を身に着けることはもちろん、絵本作りや刺し子と呼ばれる縫物にも挑戦します。

在校生メモ:
生徒一人ひとりをよく理解してくれる先生です。調理が苦手で、家で練習してきたとき、「練習してきたのね」と声をかけてもらってとても嬉しかったです。

家庭科礼法舘野直美先生
からのコメント

1年次には基本的な社会マナーを学び、高校2年生からは華道と茶道を習います。ほとんどの人が初めて行う授業になりますが、専門講師が丁寧に指導しますので安心して受けることが出来ます。

在校生メモ:
お祝儀袋の扱い方、畳での座り方からふすまの開け方まで実習で教えてくれます。舘野先生の話はどれも私たちの生活に役立つもので、楽しく授業を受けられます。

保健体育科清水目寛子先生
からのコメント

文華の体育はバリエーション豊かに色々な種目を実施します。それぞれの種目で「動きのコツ」を掴めるように指導し、iPadを利用して視覚的に自分の動きの確認をして練習を重ねます。

在校生メモ:
元気で面白い先生です。運動が苦手な生徒もしっかり見てくれます。保健ではiPadを使って色々なスポーツを解説してくれました。