進路指導

文華女子では、基礎知識の土台を築き、応用力・発表力を身につけた上で、自分の能力と適性を客観的にとらえ、希望進路実現を達成する力を養います。

進路指導 目標

入学時偏差値から20ポイント以上の大学に合格する力を身につけさせる

本校からは、毎年国公立MARCHレベル以上の大学に進学していますが、全員が入学当初から高い偏差値を持っていたわけではありません。「伸ばす教育」を学習指導目標に置き、卒業する時に努力は裏切らないこと、自分の力を信じれば、夢は実現することを実感して巣立ってくれることが最大目標です。

生徒一人一人の適性に合わせた個別指導

大学の魅力は偏差値だけではありません。学力の他、性格・体力・本人やご家庭の希望・大学との相性等をすべて考慮して指導します。そのためにも、クラス担任や部活動顧問とも日々連携を取りながら指導にあたっています。

進路サポート

豊富な進路ガイダンス

まずは、自分を知ることが進路の第1歩です。女子校ならではの「きめ細かい進路指導・進路ガイダンス」を1年生から豊富に行っています。進路希望調査を通して自分の適性を自分で見極める作業を意識的に行わせます。その他にも、豊富な情報から自分に合った進路を見つけるために、進路新聞を定期的に発行し、様々な大学の情報を細目に伝えます。

難関大学対応 特進チーム

難関大学を目指す生徒を1年次の冬から特進チームに選抜し、3年間にわたり個別に担当教員が付き、進路面談や学習相談にあたります。長期休業中に集中勉強週間約(1週間程度1日7時間)を設け、1年生は長時間の学習習慣を身につけさせ、2年生からは受験対策に取り組ませます。

個別の補習・進路相談について

高校3年生の大学受験者はもちろん、学習面で不安のある生徒や、補習が必要であろう生徒に対して、進路指導部担当教員をはじめ、全教員が随時補習を行っています。特に文華女子の職員室は生徒の出入りが多く、教師と生徒が常に学習相談や進路相談ができる環境になっています。

合格実績

卒業生実績(平成28年度・29年度実績)

進学率86%

国立大学

お茶の水女子大学、電気通信大学、防衛大学校

私立大学

慶応義塾大学、早稲田大学、青山学院大学、明治学院大学、東京女子大学、武蔵大学、東洋大学、東京家政大学、白百合女子大学、聖心女子大学、清泉女子大学、立正大学、武蔵野大学、東邦大学、日本大学、大妻女子大学、実践女子大学、共立女子大学、国士舘大学、大正大学、帝京大学、東京経済大学、玉川大学、白梅学園大学

他多数