保護者の声

平成27年度
後援会会長様

娘は説明会や個別相談会で対応してくださった先生の人柄や教育方針、生徒の姿などに惹かれ、「この高校に入りたい」と思うようになり入学することができました。文華女子での三年間は、どんな時でも優しく、時に厳しく指導してくださる先生方や良き友人との出会いで、充実した高校生活を送ることができました。その中で娘は、大学進学への意思もめばえ先生方のきめ細やかなアドバイスをいただきながら、志望大学に合格することができました。これも、どんな小さいことでも相談に乗ってくださり、娘の思いをしっかり受け止めてくださった先生方のおかげであると考えると、この学校に入学させて本当に良かったと実感しています。

平成27年度卒業生
保護者様

娘は入学前、女子高というだけで敬遠していた学校でしたが、いざ入学してみると、毎日、笑顔で登校していました。百年という歴史がある学校なので、現在の教育方針や諸先生方の指導法により、生徒達の振舞いに表れ、良い雰囲気で学習できていたからだと思います。授業は少人数でのクラス編成ですので、分からない所があれば、諸先生方に聞きやすい環境であり、そのおかげで成績もアップしました。進路で悩んだ時期も、親身になって大変行き届いたご指導をいただきました。そんな信頼できる先生に会えた事は娘の宝だと思います。入学してから卒業まで、あっという間の三年間でした。これも娘の思いと同様に、親としても充実した高校生活が送れたからだと思います。

平成28年度卒業生
保護者様

貴校には「熱中する」ことの大切さを教えていただきました。感謝申し上げます。高校生活の中で「熱くなっている」娘を見たのは「創作ダンス発表会」から「体育大会(ダンス種目出場)」にかけて活動しているときです。この一連の行事の中で、「熱中する」こととチームで結束することの大切さと面白さ、そして、先生方の建設的な指導と校風(学校の伝統)を実感できたと思います。チームが結束して作品を創り上げ、結果を出す(金賞受賞)までの作業過程は貴重な経験であり、これからの生活全般にわたって行動指針(拠り所)になるでしょう。来春ご入学される皆さまも、きっと「熱中できるもの」が見つかります。文華女子はそれができる学校です。