進路指導

進路指導のプロが、生徒の力を最大限引き出します

本校の進路指導の特徴は、「生徒一人ひとりへのオーダーメイド」です。本人の希望を軸としつつ、小・中学時代の学びへの振り返り、高校入学後の変化、部活や生徒会活動、家庭環境、性格、興味、定期テストや模試の成績などをすべて把握したうえで、一人ひとりの「強み」を最大限に活用できる大学、入試方法に合わせた進路指導を行っています。わずか3年間の高校生活において、大事な自分の進路を生徒がひとりで考えるのは、実はとても難しいこと。だからこそ、進路指導のプロである私たちが、進路選びのために必要な情報を提供し、生徒や親御さんとともに「その生徒に適した」進路を模索していきます。
こうしたきめ細かい指導ができるのは、生徒と教員の距離が近く、互いに信頼関係があるからです。これからの時代は女性も当たり前のように働き、キャリアを積んでいかなくてはなりません。目先の進路だけでなく、将来の仕事や必要な資格についても考えながら、生徒が自信をもって自分が進むべき道を見つけていかれるよう、私たちは全力でサポートします。

進学への意識付け

進路指導は、1年の入学間もない時期から始めます。面談や模擬試験はもちろん、オープンキャンパスへの訪問も1年からスタート。大学のオープンキャンパスには、教員が同行し、チェックしておくべきポイントも伝えます。また卒業生の話を聞く機会も設けています。こうした経験の積み重ねにより、高校入学時には大学進学を考えていなかった生徒も、「大学に行きたい自分」「行ける自分」を意識できるようになります。

模試の活用の徹底

模試を受ける前には業者さんを招いて説明会を行い、受けた後の活用方法についてもしっかりと伝授します。模試の後は必ず振り返りをし、間違えた部分や苦手をそのままにせず、次のステップに進みます。また、定期テストと模試の違いや、どちらも進学のためには欠かせないものであることを伝えながら、ていねいな指導によって、生徒たちの力を最大限引き出していきます。

無料の特別講座・個別補習

長期休暇中は、難関大学を目指す生徒向けの特別講座を行っています。また、苦手をなくすための補習も頻繁に実施。ガラス張りの職員室は、いつでも生徒に開放されており、昼休みや放課後は、質問に訪れる生徒がたくさん。学校内の指導のみで大学進学が可能なカリキュラム、環境が整っています。こうしたきめ細かい指導によって、1ランク、2ランク上の大学進学を実現させた先輩たちがたくさんいます。

進路指導の流れ(2019年度実施例)

進学実績